キャッシングの変遷

キャッシング業界に自動契約機が登場してから、瞬く間に全国に普及しました。
窓口に行かなくてもいいという安心感から利用する人も少なくなかったでしょう。
しかし、近年自動契約機をあまり見かけないように感じることがあります。
キャッシングをしている人が減ったからでしょうか。

自動契約機が減った大きな要因がインターネットの普及です。
日本のインターネットの普及率は人口の8割を超え、私たちの生活に欠かせないものとなっています。
ショッピングや会員登録などもインターネット上でおこなうことが多くなってきました。
もともと人にキャッシングを知られたくないという理由でキャッシングを避ける人は少なくありませんでした。
窓口でなく自動契約機であっても申し込み時に人に見られてしまうことはあります。
一方インターネットであればその心配は無用。
自宅からインターネットで申し込みが可能です。
しかも、ネットバンキングも一般的になったため借り入れたお金の振込みもネット振込みが可能です。
現金を受け取りたいということであれば窓口や自動契約機が便利です。
しかしそれもコンビニが増えて、いつでもどこでも引き出しができるためあまり意味はなくなりました。

お金を借りる人が減ったわけではなく、キャッシングの機能やサービスが便利になったため、自動契約機も以前ほどは重宝されてはいないようです。
有人の窓口も縮小傾向にあります。
このサイトでは自動契約機についてより詳しい解説を掲載しています。